えみのほほえみ日記

ハンドメイドと子育てと手帳術とその他いろいろ http://minne.com/rinrinsaorin

手帳遍歴 その5 バレットジャーナル 外見編

こんばんは。えみです。
今日は前回の続き
emins.hatenablog.com

現在使用しているバレットジャーナルについてです。


スポンサーリンク


まずは外見から

システム手帳でバレットジャーナルを始めることにしたのはいいのですが、やはりシステム手帳にするからにはかわいいものが使いたい!

というわけでいろいろ調べて見たのですが…初期費用が高い(><)

かわいい!と一目惚れしたKikki.kは10000円弱程。
ファイロファックスなんかはもっと高い…。
流行りのクリップブックも作りの割にはお高めと感じてしまう貧乏性…(・・;)
いずれにしても品薄で欲しい色は売り切れ中だったし…
(結局後日メルカリでお安くゲットしちゃったんですが笑)



ここはお得意の手作りカバーでお安く揃えよう!ということになりました。


Amazonでお手軽なバインダーを購入して…

etrangerdicostarica TRP バイブルバインダークリアー TRP-07-01

etrangerdicostarica TRP バイブルバインダークリアー TRP-07-01


少し幅が広めなのでサイドはカットしました。

で、カバー作成!

内側は元気が出る赤で。
内ポケットはよく使うふせんのサイズに合わせて作りました。

裏表紙側は未使用のリフィルを入れておく用。

厚みが調節効くようにベルトはマジックテープ式。
愛用のスタイルフィットが入るペンホルダー付き。


こだわりいっぱいの手帳カバーとなりました(*´艸`)


バイブルサイズにしたもうひとつの理由

それは…コレ!

ジブン手帳miniを解体して一緒に挟む計画!!

ジブン手帳のminiサイズ、通称弟くんは、バイブルサイズのリフィルよりひとまわり大きなサイズ。
バインダーの大きさによってはサイドがはみ出してしまいますが、今回購入したバインダーは横幅が広いのでその心配もなし(少しカットしましたが、ちゃんとそこは考慮してカット幅を決めました)。

…やっぱり大好きなジブン手帳とお別れなんてできませんでした( ;∀;)


今までほぼ日カズンに書いていたログをここに書きます。


肝心のバレットジャーナルの中身についてはまた別の記事でご紹介したいと思います。


理想は「全てがこの一冊に」。
たくさん増えすぎた手帳やノートが出来るだけこの一冊に集約できたらいいなと思っているので、まずはその一歩です。


スポンサーリンク